クレジットカード 審査

MENU

クレジットカード審査に落ちる前に知っておかなければならない事

 

あなたが審査に通るクレジットカードを申込め!


審査に通りそうにないクレジットカードに申込むのはあまりよろしいことではありません。クレジットカードの審査ではそのクレジットカード会社の審査に落ちると、そのクレジットカード会社が属している信用情報機関に登録されることになり次のクレジットカードの審査が不利になることがあります

 

クレジットカード会社は他社での利用状況やその人の与信状況を知るためにそういった信用情報機関に属して情報を得ることが出来ますが、自社の顧客情報も登録する仕組みになっているからです。

 

ですからまずクレジットカードを申込む所や一度審査に落ちて再度申込む所はあなたが審査に通るクレジットカードを申込まなければクレジットカード審査難民になる可能性は高いです。

私が審査の通るクレジットカードなんてわからないよ。。。><

安心してください。あなたにはアコムマスターカードがあります。アコムマスターカードはクレジットカード審査難民の強い味方です。クレカヒストリー(利用履歴)のない方や審査が不安な方でもアコムマスターカードならしっかり審査してくれます。

 

アコムには長年消費者金融として営業してきた実績の裏に与信をしっかり見極めて幅広くクレジットカードを発行できるデータが蓄積されています。他社とは自社与信データベースが違うんですね。だからクレジットカードの審査が不安な方にも最後にここを紹介できるのです。

 

逆にここがダメなら当分信用づくりに励まなくてはなりません

審査だけじゃない!アコムマスターカードのメリット

 

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

クレジットカードの審査に通らないのは?

クレジットカードを作るにあたり、必ずクレジットカード会社は、申込者の審査を行います。

 

その審査には、信用情報機関を利用し、申込者が過去に金融機関とのトラブルが無いかを確りと調べますので、過去に「延滞」「債務整理」「自己破産」等があった場合、クレジットカード審査は勿論、他のローン審査等でも審査状況は厳しくなってしまいます。

 

クレジットカードの審査に通らない理由は、まずこの過去の事故歴が関係する場合と、その他、クレジットカード会社の申込み条件に当てはまらない、もしくは不足と考えられた場合、信用が無いと考えられた場合に審査が否決となってしまいます。

 

そもそもクレジットカード会社は、各社ともに必ず信用情報機関に申込み者の審査情報を登録しますので、それを各社ともに利用し申込み者の信用状況をみれば、あそこでも落とされた、あちらでも審査否決だと言う事がわかってしまうので、結果的に申込みの段階で落とされてしまいます。

 

また、その信用情報機関の情報は、すべてのクレジットカード会社に分かる情報なので、どこで申込みをしても落とされると言う事になる訳です。

 

じゃなんでアコムマスターカードやったらいけんの?

アコムマスターカードだったら大丈夫と言う訳ではないのですがそもそもアコムはクレジットカード会社ではないのでクレジットカード信用情報機関に属していません

 

アコムは貸金業の信用情報機関に属しています。さらにアコムはメガバンクをはじめとする複数の銀行の保証会社を務めているのでしっかりと審査してくれるので、クレジットカード審査のように安易に落とすようなことはありません。

クレジットカードの審査ではどこが重視されるのか?

色々なクレジットカードあるので、結論から言えば、クレジットカードを持つだけならば誰でもできると思います。ただ、社会的に一定の評価を得られるような、陳腐な表現をするならば、持っていて格好のつくカードにするならば、以下の〇点をクリアできていれば問題なく承認されるのではないかと思います。

過去金融事故を起こしていないこと

何かの支払い遅れや自己破産など一般的に金融事故を起こしていれば、いわゆるブラックリストに載るので、クレジットカード審査は降りないに決まっています。クレジット会社は何かの費用を立て替えつつ、プラスアルファの利息を得ることで利益を得ています。

 

それを合法とは言え踏み倒すような者に新しいクレジットカードの発行などありえません。この信用については情報開示をして調査することができます。また、ブラックリストに載ったとしても、その後さらなる借り入れなどなく(普通はできませんが)数年経てばその履歴は回復し、通常の審査を受けられると聞きました。クレジットカードもその一つだと思います。

ある程度の収入

当然これがないと支払い能力が無いと言うことになるので審査は通らないと思います。クレジットカードにもランクがあります。かなりお得になるポイントやサービスを受けられるものもあるようですがそういった恩恵を受けるにはある程度の収入が必要です。おそらく収入=信用となっているのではないかと思われます。当然個人情報もある程度出さなければならなくなります。

提携会社利用履歴

小タイトルの表現が間違っているかもしれませんが、大企業であればあるほど、自分の会社の商品・サービスを購入して欲しいために、自らを信用会社としクレジットカードが作成できることがあるようです。そのためには、その会社の商品・サービスを利用した実績がその会社の信用となり、その会社と通じてのクレジットカード申請に役立つのではないかと思われます。

 

@〜B共通の認識として、クレジット会社からすれば利用してくれること+支払ってくれることが大切なのだと思います。そのため、その信用度を測る部分がクリアできていれば良いのだと思います。

なぜクレジットカードの審査におちてしまうのか?

クレジットカードの審査が通らない理由は、複数考えられますが、まず最も単純で理由は、申込書に不備があった場合です。

 

書類に不備があればクレジットカードの審査に通らないのは当然の事です。うっかり記載ミスなどしていた場合などは、今度から店頭で申し込みをすれば、記載方法が分からなかったりミスをしても、店員さんが指摘してくれますので、店頭での直接申し込みをお勧めします。

 

他の理由は、返済能力があるかに関わります。

 

クレジットカード会社は、お金をきちんと返済してもらう必要があります。そのため、安定した収入があることが最も重要な条件です。

 

アルバイトやパートで収入が少ないと、審査に通らない可能性が高いです。だいたい300万程度年収があれば、審査はまず通ると言われています。

 

そのため、学生やアルバイトでは審査に落ちてしまうことがあるます。

 

勿論無職ではもっと審査に通るのは難しいでしょう。

 

安定した収入があればパートやアルバイトでもカードの審査に通る場合もありますので、カード会社の基準はまちまちですが、審査に落ちたくなければアルバイトでも大丈夫とうたっているカード会社に申し込みをすると、落ち難いとです。

 

また、最もカードの審査に落ちる原因が、自分の過去の借り入れ状況になります。

 

もう他社で借り入れを行っている場合、カード会社は個人信用情報機関に紹介すれば、その人の借り入れ状況を把握する事ができます。法律で年収の3分の1を借り入れしていると、もうここでアウトになります。審査には通りません。

 

また3分の1に達してなくても、他社または数社から借り入れがあると審査に落ちる可能性が高くなります。

 

また過去、短期の遅延ならそれほど気にされない場合もありますが、数度にわたる長期の返済遅延があるといわゆるブラックリスト(事故情報)に載っていることになり、審査に大部分が落ちてしまいます。

 

真面目に借り入れもなく働いている人は、問題なくカードの審査に通りますが、過去に遅延や借り入れが多いなど、事故情報に載るようなことをしていると審査に落ちてしまいます。

クレジットカードの審査がゆるいとされる理由はどこにある?

クレジットカードの審査は、一般的に「緩い」といわれています。その理由については諸説あるところですが、最も一般的な理由を考えてみると、「ほとんどの人がクレジットカードを持っている」という点にあるのではないでしょうか。

 

クレジットカードを持っているということは、審査に通ったということなので、ほとんどの人が審査に通る=審査が緩いと考えられても無理はないでしょう。では実のところ、クレジットカードを作るための審査は本当に緩いのかといえば、これについては「クレジットカード会社による」ということになります。

 

同じクレジットカードであっても、そのグレードというものには差があります。限られた人しか持つことができないようなグレードの高いクレジットカードともなれば、やはりその審査についても決して緩いものにはならないでしょう。

 

その反面、職業についてもパートやアルバイトであっても発行されるようなカードもあるわけですから、グレードの高いクレジットカードに比べるとそういったカードは、やはり審査が緩いということになるかもしれません。

 

また、実際にクレジットカードを持っている人であっても、他人がどんなカードを持っているかという点についてはそれほど気にしていないともいえます。そのため、カードを持っているというだけで判断するならやはりグレードの差こそあれ「クレジットカードの審査に通っている」ため審査が緩いと思われてしまうわけです。

 

ではクレジットカードの審査では実際にどんなところを確認しているのかといえば、ひとつは年収と職業、住居形態です。職業によって持つことができるカードが限られるのは、こうした側面があるためであり、グレードの高いカードの場合は適用される金利が低かったり、限度額が高く設定されていたりと様々な特典が用意されています。

 

ただ単にクレジットカードを持っている、というだけではなかなか判断が難しいところですが、多くの人が持っているからといって審査を甘く見ることはやめたほうが良いでしょう。また専業主婦 キャッシングができるほどクレジットカードの審査は緩くないことも頭に入れておかなければいけません。

クレジットカードの審査こぼれ話

よく申込みするにあたり、規約に同意するか否かが記載されておりますが、これは申込みするにあたり、個人情報を調べてもいいか、悪いかと言う確認となり、申込みにあたり、いずれにしてもこの規約に同意しなければ申込みも出来ないので、同意せざる負えないわけですが、この情報を調べるにあたり、「何度も他社へ申し込みしている」とか、「過去に何らかの事故歴がある」等と言う場合、クレジットカードの審査は否決となってしまうのです。

 

ですから、何度もクレジットカードの審査を落とされたという場合は、今まで申込みした会社の信用情報機関とは異なる機関で情報を入手し調べるクレジットカード会社に申し込みすることで、審査も通りやすくなりますし、会社により信用情報機関は、同じ会社と、異なる情報機関から情報を入手する会社がありますので、その辺をきちんと下調べした後に申込みをする事がクレジットカードの審査も通りやすくする秘訣となります。

 

なぜクレジットカードの審査に落ちるかは、一番に金融機関を過去に利用した際に事故歴がある等が考えられますが、クレジットカード会社には、それぞれ各社ともに申し込むにあたり、条件がありますので、条件に達しない(例えば収入が安定しな等)場合も審査は否決となるケースも多いです。

 

ここで紹介したアコムマスターカードはクレジットカード 審査が利点なだけではなくまだまだ便利なところがたくさんあるのです。まずこのカードはネットで申込んで審査がおりたらむじんくんへ駆け込めばクレジットカード 即日発行が出来るのです。

 

通常クレジットカードは郵送ですから即日発行は無理なところアコムマスターカードはなんと可能なのです。またアコムのATM手数料が24時間365日無料なことと借りた日数分だけの利子ということで時間外の銀行預金引出しの裏技も使えます。

 

この辺は自社ATMを持たないオリックス銀行等はATM手数料においては不利なところです。
クレジットカード 審査クレジットカード 審査クレジットカード 審査クレジットカード 審査クレジットカード 審査クレジットカード 審査クレジットカード 審査クレジットカード 審査クレジットカード 審査クレジットカード 審査

更新履歴